飛行機好き必見!ベイエリアおすすめの飛行機ビューポイント3選


ベイエリアにはサンフランシスコ国際空港(SFO)、オークランド国際空港(OAK)、そしてサンノゼ国際空港(SJC)の3つの国際空港があります。

それぞれ距離的にも近いので、ベイエリアの空を見上げれば必ずどこかに飛行機を見つけられる状態です。

乗り物好きの我が家の3歳の息子は、当然飛行機も大好き。

ちょうど自宅がサンフランシスコ国際空港へ着陸する飛行機の航路下にあるため、飛行機の姿を見上げては

「あれはユナイテッドだよ!」

とか

「ピンク飛行機だよ!」(※サウスウェスト航空の飛行機はピンク色!)

と興奮しています。

そんな息子に付き合って飛行機の本を読んだりネットでいろいろ調べているうちに、私もいつのまにか大の飛行機ファンになってしまいました。

そこでこの記事では、飛行機好きにおすすめのベイエリア飛行機ビュースポット3つをご紹介します。

お子さんとご一緒に、ぜひ大迫力の飛行機の姿を楽しんでください!

スポンサーリンク

ベイエリアおすすめ飛行機ビュースポットその1「Coyote Point Park」

Coyote Point Parkは San Mateo(サンマテオ)とBurlingame(バーリンガム)の境目にあります。

この公園はサンフランシスコ湾のほとりにあり、ちょうどサンフランシスコ国際空港の南東対岸に位置するため、空港に着陸する飛行機がひっきりなしにそばを通ります。

ここを通る飛行機は数分後には空港に着陸するため、公園から見える飛行機はかなり高度が低くこんな感じで大迫力。

この写真はiphoneで取ったんであんまり大きさが伝わらなくて残念ですが...。

Coyote Point Parkはだだっ広い芝生の広場やバーベキュー場、そして大滑り台があるプレイグラウンドがあり、飛行機を見ながら一日遊んでいても飽きません。

さらに公園の敷地がサンフランシスコ湾に面しているため、飛行機を見ながら水遊びもできます。

海の上を飛びながら着陸に向けて高度を下げていく旅客機はカッコイイですよ!

サンフランシスコ国際空港にはたくさんの航空会社が乗り入れていますが、外国から来る飛行機は国内線のものに比べて大きい機材を使用しています。

特にヨーロッパの航空会社は、世界最大の旅客機エアバス380(A380)を使用している便が多く、日本ではあまり見られないA380もたくさん見ることが出来ます。

ルフトハンザ航空のA380です。

他の機体に比べてA380の大きいこと!

両翼下にジェットエンジンが4つもついてるため、音も全然違います。

私は同じ大型機でもボーイング747(B747)、いわゆるジャンボジェットのほうが断然好きです。

A380はずんぐりむっくりしてますが、ジャンボはしゅっとしててかっこいいんですよね!

B747は現在では旅客機としてはあまり飛んでいませんが、サンフランシスコ国際空港では大韓航空、ブリティッシュエアウェイズなどがB747を使用した便を運航しています。

もちろんCoyote Point ParkでもB747ジャンボを見ることができます。

また日本からは全日空(ANA)、日本航空(JAL)も就航していますので、おなじみの機体も見ることが出来ます!

Coyote Point Parkはいろんな飛行機も見られるし、子供が遊ぶ場所もあるし本当におすすめなんですが、唯一の難点は、サンフランシスコ湾から吹く風が冷たくて結構寒いこと。

特に海岸沿いはいついってもすごい風です。

夏はまだいいですが、冬はかなりの厚着をしないと凍えてしまいます。

夏の暑い日でも長袖を持って行ったほうが無難だと思います。 



Coyote Point Parkへのアクセス・詳細情報

住所:1701 Coyote Point Dr, San Mateo, CA 94401
Web:Coyote Point Recreation Area
料金:$6 (2018年6月現在)

ベイエリアおすすめ飛行機ビュースポットその2「Hiller Aviation Museum」


Hiller Aviation MuseumはSan Carlos(サンカルロス)の101沿いにある飛行機の博物館です。

101を走行中に見たことがある人もいるのではないでしょうか?

Hiller Aviation Museumには、こんな感じでアメリカ航空史を彩ったいろんな飛行機が所狭しと並べられています。

本格的なフライトシュミレーターや、グーグールアースを利用して世界中の街の上を飛行している気分になれる展示物など、大人も子供も楽しめるアトラクションがいっぱい。

屋外には私の大好きなボーイング747の機首、ジェットエンジンの実物が展示されてます。

B747ジェットエンジンって間近でみるとビックリするほど大きいんですね。

機首内の客室とコックピットは中に入って見学することが出来ます。



またこの博物館はサンカルロス空港真横にあるため、離発着する飛行機を見学することもできます。

サンカルロス空港は小さな地方空港で、小型チャーター便や個人所有の飛行機が駐機してあります。

残念ながら国際空港に乗り入れているような大きな旅客機は見られませんが、小型飛行機の離発着も見ていてなかなか飽きません。

しかも至近距離で見られるので迫力があります。

Hiller Aviation Museumの残念ポイントは大人(18歳以上)入場料が18ドルと結構高いことです。

子ども(5-17歳)も11ドルします。4歳以下は無料です。

また中に入るために必ずギフトショップを通らなくてはいけないんですが、ここでたくさんおもちゃを売っているんです。

小さな子供を連れていくと、飛行機を見学する前におもちゃに心を奪われてしまいます。

うちの息子は終始「買って買ってー!」でした。

ここは1回行ったらいいかな。



Hiller Aviation Museumへのアクセス・詳細情報

住所:601 Skyway Rd., San Carlos, CA 94070
Web:Hiller Aviation Museum
料金:18歳以上大人$18、5-17歳小人$11 (2018年6月現在)

ベイエリアおすすめ飛行機ビュースポットその3「Airport Blvd and Coleman Ave Parking Lot」


最後はサンノゼ国際空港横の飛行機ビュースポットです。

Airport Blvd and Coleman Ave Parking Lotとしましたが、ぶっちゃけただの空き地で公式な名前があるわけではありません。

サンノゼ国際空港横の南西端に位置するこの空き地は、もともとサンノゼ州立大学(San Jose State University)の建物がありました。

現在は取り壊されて、小さな駐車場と小さな空き地しかありません。

Airport Blvd and Coleman Ave Parking Lotとしたとおり、Airport Blvd とColeman Aveが交差する箇所の近くにあります。(地図参照)

住所がないので、カーナビを使う場合は道路を挟んで向かいにあるスターバックスの住所「540 Newhall Drive, San Jose」を入力すると市外からでもたどり着けると思います。

サンノゼ国際空港はサンフランシスコ国際空港に比べるとかなり小さいですが、一応国際便も飛んでいます。

日本からは全日空がB787を使って成田便を運航しています。

他にはロンドン、メキシコなどへの国際便が発着しているようです。

市外からこの場所に行くときにI-880を出てColeman Aveを通るかと思いますが、Coleman AveはI-880交差する部分が高架になっています。

サンノゼ空港へ着陸する飛行機はその部分の真向かいを通るので、運がよかったら運転中にかなり近くから飛行機を見ることが出来ます。

実際は十分に安全な高度を飛んでいると思いますが、ほんとにぶつかりそうになるくらい近くを飛んでいるような錯覚に陥ります。

Airport Blvd and Coleman Ave Parking Lotはただの空き地なので無料というのがうれしいですが、サンノゼ国際空港に離発着する飛行機はそんなに多くないので、朝とか夕方の忙しい時間以外は10分以上飛行機がやってこないこともあります。

周りには何もないので、子どもは飽きちゃうかもしれません。

Airport Blvd and Coleman Ave Parking Lot詳細

住所:540 Newhall Drive, San Jose(※向かいのスタバの住所)
Web:flightlineaviationmedia.com
料金:無料

スポンサーリンク

シェアする

フォローする